どうすれば、命を少しでも永らえられるのか?

私の病状は、直腸がん手術後の腹膜転移です。

外科からは見放され、内科の抗がん剤治療が唯一の治療方法になっています。

その薬も、『イリノテカン』+『F−5U』か、『オキサリプラチン』+『F−5U』の2通りしかありません。

新薬『アバスチン』は、『オキサリプラチン』+『F−5U』+『アバスチン』の組み合わせのみの認可です。

私は、重篤な副作用のため、『オキサリプラチン』が使えなくなりました。

つまり、『アバスチン』が使えないという事です。

抗がん剤治療を始めて3年半。

初期の『イリノテカン』+『TS−1』の効果が幸運にも2年半続いたのですが、とうとう効果が期待薄に成り、『オキサリプラチン』+『F−5U』に変わり、8ヶ月で副作用のためこの薬も使えなくなりました。

そこで、『イリノテカン』+『F−5U』に変わり、多少の効果を期待していたのですが、これも効果がなくなりつつあります。

がん細胞の直径が、一番大きいもので3cmから5cmの大きさになり、治療不能寸前の状態に追い込まれてしまいました。

どうすれば、命を少しでも永らえられるのか?

切羽詰っています!

今回から、2週間毎の『イリノテカン』+『F−5U』の治療を3週間毎に引き伸ばし、来年認可されるだろう新薬まで体力を残そうという方針に変わりました。

それまで、命が持てば良いのですが・・・。

なんとか、後2年生きたいのです。

高校2年生2人の大学受験が済むまで・・・。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/47118265

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。