イリノテカンの副作用

がんセンターの主治医との話の中で、徐々にがんが大きくなっていることが分かりました。

ただ、急激に大きくなっていないので、多少なりとも今の抗がん剤にまだ効果が残っているかも・・・?

現在、次の薬のない私にとって、がでるまで、この薬に頼るしか生きる道がないのです。

また、イリノテカン点滴後の2,3日は、腸閉塞にならないように厳重注意するようにと指摘されました。

薬の抜けるその間に、腸閉塞を起こせば、その部分にイリノテカンが集中し、命取りになると言うのです。

2,3日は、おかゆにすることにしました。

私は、芋がゆが好きなので、おかゆに抵抗はありません!

血色が良くなった?

『宇和島みかんネットワーク』の森川会長が、

“最近、お前の顔色が良くなってきた。”

“去年は、異様に黒ずんでいたのに、血色が戻ってきている。”

“がんが良くなってきたのか?”

と、聞いてきました。

原因は分かっています。

効果があまり期待できなくなった抗がん剤(イリノテカン)の投与を、1クール2週間から4週間に変更したからです。

だから、副作用が減ったのです。

来年認可されるだろう抗がん剤の新薬を待つため、体力を温存しなければなりません!

命の綱渡り!

血色が良くなったのは、決していい話ではないのです。

日本人の死因の3分の1が、ガン!

日本人の死因の3分の1が、ガンです。

と言うことは、3人に1人以上が、ガンに罹るということです。

ガン患者が、ありふれた風景になっているのを、つくづく感じることがありました。

市場で仲良くし、お互いに励ましあっていた友人が、ガンで死にました。

それだけでなく、公私共に親しくしていた友人の仲買人に、松山のがんセンターでばったり出会ったのです。

肺がん! 抗がん剤治療!

それだけでなく、市場の職員の女性が卵巣ガン!摘出手術!

また、別の女性は、子宮筋腫で摘出手術!

別の男性も、検査入院!

立て続けです!

怖いことです!

でも、確率的には、当たり前なのかもしれません!

あなたも、他人事ではありません!

とにかく、食事やタバコには注意が必要ですね!

できる限り、加工食品は食べないようにして、新鮮な野菜や果物を食べるように心がけましょう!

また、できる限り、生で食べるようにしましょう!

運命の扉

また、松山のがんセンターへ抗がん剤治療に行く日が来ました。

嬉しいやら!悲しいやら!

効いているのか?効いていないのか?分からぬ薬に頼らねばならない運命です。

新薬の情報があふれているのに、治験は?新薬承認は?・・・?

じっと息をひそめて、命を永らえながら、運命の扉が開くのを待ってます。

抗がん剤でどの位生き続けられるものか?

今年も半分終わりました。 

なんとか生き続けています。

最低、後2年は生きなければなりません!

高校生2人の大学受験が終わるまで・・・。

進路指導をしなければならないからです。

イリノテカンの効果が、少しでも長く続くことを祈るしかありません!

早くても、新薬は来年の春まで待たねばなりませんから・・・。

オキサリプラチンが副作用で使えなくなり、アバスチンの目が消えたのがつらい!

末期がんになり、抗がん剤でどの位生き続けられるものか?

新記録でもめざしましょうか?

ストレス

私は気分転換が早く、ストレスには強いほうです!

というか、だからこそ、余命2年がいいところと主治医に言われても、ノーテンキに生き抜いてこれたのでしょう?

あれから3年半。

いまも、あのときのまま。現状維持。

ところが、娘はストレスを溜め込むタイプみたいなのです。

そして、ときどき爆発してしまいます。

学校のこと。勉強のこと。友達のこと。

私が死んだらどうしよう?などと、いろいろ悩み、苦しんでいるようなのです。

だから、いろいろな話をして心の負担を取り除いてやろうとしているのですが・・・。

難しいものです!

抗がん剤の副作用の苦しみを、できる限り表に出さないようにも心がけています。

まあ、ほとんど失敗しているみたいですが・・・。

高校2年生。

今後の進路指導に真剣に取り組まなければなりません。

家の大黒柱が末期がん患者なので、いかんせん?

知恵の使いどころです!

間食は果物!

GWも終わり学校が始まったので、朝の弁当・朝食の喧騒が過ぎれば、静かな日々に戻りました。

朝5時半に起き、下準備をして、嫁と子供たちを起こします。

私の朝食は、あいかわらずサンドウィッチ。

しかし、先日の胆のう炎のこともあり、ゆで卵は止めました。

はさむのは、レタスと胡瓜とハム。たまに、キウイも・・・。

太って、すっかり口いやしくなってしまったので、間食は果物にしなければ・・・。

副作用

子供たちが3人とも、嫁の里に行っているので、朝はのんびりできます。

とは言っても、今日が一番体調の悪い日ではありますが・・・。

副作用で、夜中に吐きそうになり目が覚めてしまいました

そういうこともあろうかと、いつも枕元には洗面器を用意しています。

なんとか無事に治まり、朝までとろとろながら寝ることができました。

寝不足!

イリノテカンを点滴すると、その晩は副作用なのか?寝つきが悪くなってしまいます。

それに加えて、昨晩は、娘がの問題を聞いてきたので、それが頭から離れず、うつらうつらしながら考えていたのでしょうか?“ピッ”とひらめいて、真夜中に飛び起き解けました。

すっかり、寝不足です。

それでも5時半には起きだし、子供の弁当の下準備をするため2階から降りると、嫁が既に起きていました。

珍しいことです。

理由は、米を洗うのを忘れていたからでした。

私の役目は、スイッチを入れるだけですから・・・。

私の朝食は、ほとんど食欲らしいものもないので、リンゴとバナナだけにして、吐き気止めを飲んですませました。

究極の選択!

今日は抗がん剤治療日なので、松山のがんセンターに行きました。

連休明けで込み合っているかと思いきや、あにはからん、いつもより早く治療が終了。

病院ではいつも親しく話す、大洲の年配女性患者さんが、私を見つけて声をかけてきました。

抗がん剤が効かなくなって、肝臓のがんがますます大きくなっている。

代わる抗がん剤がもうないので、主治医から2つの選択肢を突きつけられたとのこと。

1つは、治療の断念。体力勝負。

もう1つは、放射線治療を試してみて、がん細胞が小さくなれば、手術してがんの切除。

どうしよう? もう止めようか? と悩んでいるというのです。

ついさっき診察室でそう言われ、抗がん剤治療の中止、1週間後に返事して下さいと宣告され、気も動転しているのでしょう?

すがるような目で、私に話してきます。

私は即座に、

“放射線をやりなさい!”

“必ず効果が出るから、手術をしなさい!”

“私のようになら、2番目は無い!”

“2番目があるだけ幸せ!”

“手術の目があるなら、それを選ぶべきだ!”

“放射線がダメなら、まだラジオ波焼灼療法がある!”

“今、あきらめる必要などない!”

“お互い、がんばろう!”

と励ましたのです。

後から聞くと、孫の迎えが来るまで私の嫁とも話しこんだようで、私に言われたことに勇気が湧いたと涙を流しながら感謝して帰って行ったそうです。

良かった!良かった!

同じがん患者どうし、相手に言いながら、自分自身にも言い聞かせているのです。

今日の体調

体調は、今日が最悪の日になる予定! 

でも、朝6時には起きました。

高校生2人は、高校入試の関係で4連休中!朝、起きてきません。

ところが、一番下の小学3年生は学校があります。

朝食の下準備だけして、嫁と末っ子を起こしました。

私も、今日はなんとか、朝食用のサンドウィッチを食べきれました。

嫁が褒めてくれたけれど、コーヒーは1、2口しか飲めません。

リニアの調整

5−FUのリニアの点滴は今日までなのですが、どのようにしても時間がずれてしまいます。

私の場合、鎖骨の部分で血管が押されて細くなっているようなのです。

通常、最初は2ml/1hにして、途中から3ml/1hに上げるのです。

でも、私の場合、最初から3ml/1hにしていても、最終的には3〜5時間遅れになってしまうのです。

まあ、薬が効けば良いのではありますが・・・。

不安!?の日々!

イリノテカンの副作用はあるけれど、治療効果はあるのか?ないのか?

命がけの毎日を送っています。

仰向けに寝ると、腹に違和感を感じます。

チクチクと、痛みらしきものも感じます。

だから、いつも横向きに寝ています。不安!?不安!?の日々。



忘れられない日

2007年1月23日(火)は、記憶に残る日の1つになりました。

とうとう点滴中に、「オキサリプラチン」の副作用として、アレルギーが出たのです。

10回を越えるころから出やすくなるので、点滴室から出るのを禁止されていました。

手のひらや指、腕、首、頭、あご、脇の下などが痒くてたまらなくなったのです。

トイレに立ったついでに、看護士に言うと、私の顔を見て大騒ぎになりました。

急きょ、看護士と主治医が集まり、点滴を止め、アレルギー止めの注射を、点滴から入れました。

もうこの抗がん剤「オキサリプラチン」は使えない!

今後の治療はどうすればいいのか?

生活苦

家庭の大黒柱である人間がガンになると、家計が狂ってしまう。

収入がなくなるのだ。

抗がん剤治療にも大金が必要だ。

金なくして、がん治療もできない。

今後の生活設計も立たない。

子供の今後も気になる。

大学には行かせてやりたい! でも、金は無し!

困っている人間は、私だけではないだろう?

どうすればいいのだろうか?

勇気付け

検査入院中に仲良くなった患者仲間と、待合いで再会した。

その女性が、私に近づいて来て、友人の患者を説得してくれと言う。

抗がん剤の副作用がきつくて、点滴をやめると言い張るらしい?

まだ、下は小学生の子供もいる40代の女性だった。

境遇は私と同じだ。

「苦しくても続けよう! 子供が悲しむ! 戦っている姿を子供の目に焼き付けてやろう!その姿は、将来必ず子供の勇気になる!」などと説得した。

私自身に言い聞かせているようでもあった。

股からの点滴

去年の6月、検査入院中に親しくなったおばあちゃんに点滴室で再会した。

今は、毎週週一の点滴になり、それも5時間かかるとのこと。

大変だ。でも、生きるためには仕方がない。

私と同じように、胸にIVHを埋め込んでいたのだが、効果がなくなり、股から直接腹に抗がん剤を入れるようになったのだ。

そのうち、私もああなるのだろうか!

私と同じ腹膜播種だから、そのほうが効果があるのだろう。

触らぬ神にたたりなし!

現在、最初の抗がん剤(イリノテカン+TS−1:1クール3週間)の効果がなくなり、次の薬(オキサリプラチン+アイソボリン+5−FU:1クール2週間)に変わっている。

最初の1週間は体調が悪く、イライラしているらしい。

家族は皆分かっているので、何かあると、うまく逃げている。

「触らぬ神にたたりなし!」と言ったところだ。

“ありがとう”と、言っておこう。

“がん”と“笑い”

“がん”には、日常生活の“笑い”が免疫力を高めて効果あるということだ。

これは、私も実感する。

私の性格は、楽観的なのか? 末期がんであることを、それほど悲観していない。

家庭には、いつも笑いが絶えない。

末期がん、余命半年と診断されて、約3年たった。

まだまだ、そこそこ元気に生きている。

最初の抗がん剤(イリノテカン+TS−1)の効果が、通常1年のところ2年半も続いたのも、笑いと楽観的な性格のおかげかも? と思っている。

冬虫夏草

がんセンターの患者仲間から、冬虫夏草を送ってもらった。

粉末で飲みにくいので、オブラートを買ってきた。

一日スプーン一杯飲んでいたが、続かなかった。

抗がん剤による白血球減少に効果がでるのでは?と思っていたのだが、だめだったのだ。

テレビ放送につられてバナナも食べてみたが、これも結局効果なかった。

まだ、冬虫夏草がたっぷり残っている。オブラートも。

もったいないから、また飲みはじめようかな?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。